松浦工場

株式会社エミネントスラックスHPはこちら

松浦工場1株式会社エミネントスラックスは、スラックス専門メーカーの自家工場として、穿き心地の良さを追求し続けてきました。独自プレスやオリジナルの芯地、ファスナーの開発などはその代表例です。これらの開発ノウハウは、現在海外工場のマザーファクトリーとしても重要な役割を示していす。

セル生産システムの導入と多能職の育成によって高品質を維持した多品種・小ロット生産、新物流体制との連動で可能になったクイックフォロー(QF)、そしてお客様の幅広いご要望にお応えするパターンオーダーシステムは、時代の変化に対応したものです。また、紳士スラックスで培ったノウハウを取り入れたレディ-スパンツの生産は、新しい試みとして注目を浴びています。今後も新たな挑戦を繰り返し、日本随一の高品質・高付加価値工場として進化し続けます。

エミネント九州松浦工場

松浦工場2日本の最西端に位置し、美しい海・山などの自然に恵まれた環境を持ち、歴史・文化の面影を今も数々残すロマンティックな街、長崎県松浦。穏やかで、人を優しい気持ちにさせる空気に包まれて、エミネントのスラックスは生まれる。そこには日本のLOHASがあります。

松浦工場3そんな環境の中、エミネントの工場で働く人たちは「よりよいスラックスを作る」と言う目標を共有しています。そのために、常に「どうするべきか?」を考えながら作っています。つまりスラックスのことだけを考えている人のチームワークによるファクトリーなのです。

松浦工場4その昔松浦にはいくつかの服飾メーカー工場があった時代もあり、縫製に携わってきた人が多い街です。エミネントスラックスはこの地に創業して40年。その間積み重ねられた研究、技術は進化しながら伝承されています。熟練した人の手があってこそ最新の機械やシステムも活かされます。そんな彼らこそ、エミネントのモノづくりを支える日本の匠なのです。

松浦市の風景